婚約指輪を購入しましょう|シアワセを噛みしめる

さまざまな相場

男性女性

値段の相場はどれくらいか

男性が女性にプレゼントする婚約指輪。値段もさぞ高いのではと思われがちですが、実はそれほど高価というわけでもありません。かつては給料の三か月分とよく言われましたが、最近の婚約指輪の平均相はおよそ30万円から40万円ほどと、十分に手の届く値段の指輪が増えています。平均相場はそれくらいですが、中には婚約指輪そのものを贈らないというカップルもいたりします。不況が長引き、人々の意識にも変化が生じる中で、婚約指輪自体にそれほど重きを置かない人も増えているわけです。ただ、やはり婚約指輪はまだまだカップルの、とりわけ女性にとっては憧れの強いものです。婚約指輪を欲しいと考える女性がほとんどで、男性側としてはたとえ安くても指輪を渡す方が良いのかもしれません。

指輪の価値を決めるもの

婚約指輪の価値は、いわゆる4Cと呼ばれる指標で決まると言われています。4Cとは、すなわちCarat、Cut、Color、Clarity、です。それぞれ重さ、輝き、色、透明度を表しています。この4Cのコンビネーションや合わせ方で、婚約指輪の価値が決まっています。4Cのなかでも、とりわけこだわりたいのがカラットです。予算が一緒でも、より大きなカラットの婚約指輪を購入することができ、カラットの大きいことでより高級感を感じることもできるのです。ただ、プロポーズをクリスマスに考えている人は、少し注意した方が良いかもしれません。クリスマスの時期はダイヤモンドを購入する人が増え、ダイヤモンドの選択肢が少なくなってしまいます。欲しいダイヤモンドの婚約指輪を購入したいなら、早めに買ってしまった方が良いかもしれません。